UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12979

タイトル: 糸魚川-静岡構造線の重力調査(1) : 松本盆地中央部のブーゲー異常と構造解析
その他のタイトル: Gravity Observations along the Itoigawa-Shizuoka Geotectonic Line (I) : An Evaluation of the Bouguer Anomaly in the Matsumoto Basin, Nagano Prefecure, Central Japan
著者: 萩原, 幸男
山下, 昇
小坂, 共栄
矢野, 賢治
安井, 敏夫
著者(別言語): Hagiwara, Yukio
Yamashita, Noboru
Kosaka, Tomoyoshi
Yano, Kenji
Yasui, Toshio
発行日: 1987年2月10日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第61冊第3号, 1987.2.10, pp. 537-550
抄録: 松本盆地中央部において約250点の重力測定を実施した.その結果,「明科-松本断層」に代表される松本盆地東縁部の西側落ち断層群は逆断層の可能性が高いことが判明した.また松本盆地中央部に「火打岩」と呼ばれるチャートの巨岩が露出しているが,それは根をもつ大きい岩体の一部であることがわかった.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12979
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0613009.pdf1.22 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください