UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12980

タイトル: 震度-震央距離-マグニチュードの関係 : その2.東日本太平洋岸沖合を除く日本のマントル最上部の地震
その他のタイトル: Relation between Seismic Intensity, Epicentral Distance and Magnitude : Part 2. Empirical Formula for Uppermost Mantle Earthquakes in Japan Excluding Those Occurring off the Pacific Coast of Eastern Japan
著者: 宇津, 徳治
著者(別言語): Utsu, Tokuji
発行日: 1987年3月31日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第61冊第4号, 1987.3.31, pp. 551-561
抄録: 日本のマントル最上部地震(深さ40~80km程度,ただし異常震域が現れる東日本の太平洋岸沖合の地震や北海道太平洋沿岸の地震を除く)に対する震度I(気象庁震度階級),震央距離Δ(km),マグニチュードM(気象庁方式)の標準的関係を表す実験式を132個の地震(M : 5~7)の震度データを用いて求めた.I-Δの平均回帰直線I=I100-b(Δ-100)の定数を,次の式でMと結んだものを提出する.I100=1.5M-6.1 b=0.0523-0.0063Mこれらの式によりあるM,Δに対する震度を求めたとき,得られた値の小数点以下を四捨五入したものが整数値で表される通常の震度になる.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12980
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0614001.pdf567.77 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください