UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12984

タイトル: Granular Assembly Simulation for Ground Collapse
その他のタイトル: 粒状体シミュレーションによる地盤の挙動の解析
著者: Uemura, Daisuke
Hakuno, Motohiko
著者(別言語): 植村, 大輔
伯野, 元彦
発行日: 1987年7月24日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第62冊第1号, 1987.7.24, pp. 19-59
抄録: The mechanical behavior of particle assemblies is described using the CundalPs distinct element method. This method is based on using an explicit numerical scheme. Particles interactions have been detected at every contact and particles motion has been modelled for every particle. Using Cundall's simulation method, the present work aims at study in the mechanism of slope collapse, soil behaviors surrounding a pile penetrating the ground, non-linear dynamic response of structural foundation and the dynamic earth pressure of loose ground under vibrational excitations. Results achieved using the model idealized as a continuous medium, which have been widely applied in the past, differ from those gained by using the granular assembly model adopted in this study. Ignoring the influence of movements of soil particles, including subsidence and rotation of particles, in the former method seems to be the cause of such differences.
土とか岩は,砂粒とか土粒子でできていたり,多くの割れ目があったりで,本質的には連続体ではない.勿論,通常の問題では,それ程の大変形が生じる訳ではないので,連続体としての解析で何ら支障はないのであるが,土砂崩壊とか液状化とか,大変形時には無理がある.非連続体の解析手法としては,現在までのところ,有限要素法に滑り要素を導入したものや,有限要素法を多少変えた川井のRBSM法(Rigid Body Spring Method), CundallのDEM法(Distinct Element Method)がある.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12984
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0621002.pdf3.91 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください