UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12997

タイトル: Report on DELP 1985 Cruises in the Japan Sea : Part III : Seismic Reflection Studies in the Yamato Basin and the Yamato Rise Area
その他のタイトル: DELP 1985年度日本海研究航海報告 : III. 大和海盆および大和堆の反射地震探査
著者: Tokuyama, Hidekazu
Suyemasu, Makoto
Tamaki, Kensaku
Nishiyama, Ei-ichiro
Kuramoto, Shin-ichi
Suyehiro, Kiyoshi
Kinoshita, Hajimu
Taira, Asahiko
著者(別言語): 徳山, 英一
末益, 誠
玉木, 賢策
西山, 英一郎
倉本, 真一
末広, 潔
木下, 肇
平, 朝彦
発行日: 1988年3月31日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第62冊第4号, 1988.3.31, pp. 367-390
抄録: A stratigraphic sequence in the Yamato Basin is acoustically distinguished between the central and northeastern portions. In the central portion we can identify at least six acoustic units. Units except acoustic basement and volcanic apron sediments distributed around the Yamato Seamounts Chain are correlated with four detrital turbidites from middle Miocene to Recent. The Toyama Deep Sea Fan, uppermost unit, has been formed since 0.5 Ma based on the drilling result of DSDP Site 299. The huge sediments supply to the Yamato Basin through the Toyama Deep Sea Channel was presumably caused by the uplift of the Hida Mountains. The acoustic basement of the Yamato Basin is characterized by smooth morphology associated with low frequency stratified reflectors when compared to normal oceanic layer II. We propose that the acoustic basement is composed of an alternation of sediments and sill. The Yamato Seamounts Chain aligning in NE-SW direction in the central portion of the Yamato Basin was built by the same volcanism responsible for the basalt sill. Northeast of 39°40'N, an acoustic basement shows morphologically high relief and the stratigraphic sequence differs from that in the central portion. The high relief is identified with the eastern extension of the Yamato Rise. It is thought that the high relief of the acoustic basement and the Yamato Rise structurally separate the Yamato Basin from the Japan Basin.
大和海盆の音響層序は中央部と北東部で区別される.中央部では少なくとも6層が音響的に識別される.基盤および大和海山列周辺に見らるvolcanic apron sedimentsをのぞいた各層はMiddleMioceneからHoloceneの4層の砕屑性乱泥流堆積物に対比される.富山深海扇状地は最上位層に相当し,その形成は約50万年前から始まったと考えられ,これは飛騨山脈の隆起により大量の堆積物がもたらされた結果であろう.音響的基盤はその上面が平坦であること,また内部に反射面を持つことで特徴づけられ,堆積物とそれに貫入したシルから構成されていると推測される.海盆中央に北東-南西方向に配列している大和海山列はシルをもたらしたと同じ火成活動により形成されたものと思われる.この火成活動の年代は,背弧拡大により海盆が形成されたと考えられる15Ma前と同時かあるいはわずかに後と思われる.大和海盆の北緯39°4'より北東では層序が異なり,しかも音響的基盤は地形的にせり上がっている.この基盤の高まりの西延長が大和堆に当たる.つまり大和堆を含めた基盤の高まりが大和海盆と日本海盆を構造的に区分している.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12997
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0624003.pdf1.29 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください