UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12998

タイトル: Report on DELP 1985 Cruises in the Japan Sea : Part IV : Geomagnetic Anomalies over the Seamounts in the Yamato Basin
その他のタイトル: DELP 1985年度日本海研究航海報告 : IV. 大和海盆における海山の磁気異常
著者: Sayanagi, Keizo
Isezaki, Nobuhiro
Kitahara, Yasuo
著者(別言語): 佐柳, 敬造
伊勢崎, 修弘
北原, 康夫
発行日: 1988年3月31日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第62冊第4号, 1988.3.31, pp. 391-415
抄録: Seamount magnetic anomaly studies have been conducted on four seamounts (Yamato, B, Meiyo, Meiyo Daisan) in the Yamato Basin. These seamounts lie in the Yamato Seamount Chain trending approximately NE-SW parallel to the axis of the Basin. The total intensities and the three components of the geomagnetic field over four seamounts were measured. Bathymetric depths were measured by 12 kHz PDR. The minimum and maximum values of peak amplitudes of the magnetic anomalies observed over the Meiyo Seamount and B Seamount were 172 to 611 nT respectively. We have attemped to apply the method of Talwani to explain magnetic anomaly patterns over the four seamounts. The results indicate that B Seamount has normal magnetization and the remaining three seamounts have polarity reversals among different sections of each seamount. For all seamounts the declinations of magnetization lie around 0° or 180°. Thus, it appears that the Yamato Seamount Chain includes several polarity reversals and all seamounts have never been rotated relative to the average magnetic coordinate since their generation.
大和海盆には大和,B,明洋,明洋第3の4海山がある.4つの海山は海盆の中軸部にあり,南西-北東の方向に海山列をつくっている.地磁気全磁力と地磁気三成分を各海山の上で観測した.全磁力異常振幅の最大値はB海山で観測された611nTであった.また最小値は明洋海山の172nTであった.観測地を説明するために,各海山にTalwani法を適用しモデル計算をした.B海山は正帯磁に磁化し,大和,明洋,明洋第3の3海山は正帯磁と逆帯磁の部分が混在していることがわかった.B海山の偏角は340°,伏角は40°であった.大和海山は,2つの峰が偏角O°伏角40°と偏角O°伏角60°の正帯磁で残りの1つの峰が偏角180°伏角-40°の逆帯磁と考えると,観測値をよく説明できた.明洋海山は中央にある峰が逆帯磁で南東部と西部の峰が正帯磁に磁化していることがわかった.逆帯磁の偏角と伏角は180°,-40°,正帯磁の偏角と伏角は各々O°,50°と10°,40°であった.明洋第3海山は山体上部が逆帯磁で下部が正帯磁とすると観測値をうまく説明できた.上部の偏角は70°伏角は-30°で下部は偏角O°,伏角60°であった.正帯磁と逆帯磁の混在から大和海山列の生成期間に少なくとも1つ以上の磁場反転を含むことがわかった.また4海山の偏角がO°(あるいは180°)からあまりずれていないことから,大和海山列は生成後に回転しなかったものと考えられる.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12998
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0624004.pdf1.02 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください