UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12999

タイトル: Report on DELP 1985 Cruises in the Japan Sea : Part V : Heat Flow Measurements
その他のタイトル: DELP 1985年度日本海研究航海報告 : V. 地殻熱流量測定
著者: Yamano, Makoto
Uyeda, Seiya
Uyeshima, Makoto
Kinoshita, Masataka
Nagihara, Seiichi
Boh, Ritsuko
Fujisaw, Hideyuki
著者(別言語): 山野, 誠
上田, 誠也
上嶋, 誠
木下, 正高
梛原, 誠一
房, 律子
藤澤, 英幸
発行日: 1988年3月31日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第62冊第4号, 1988.3.31, pp. 417-432
抄録: Heat flow measurements were carried out in the Japan Sea at three stations on the KH82-4 cruise of R/V Hakuho-Maru and twelve stations on the DELP-85 WAKASHIO cruise. In the Yamato Basin, heat flow is very uniform and consistent with the existing data. The ages of the Yamato Basin and Tsushima Basin are estimated to be about 25 m.y. if based on the heat flow data. It was proved that the heat flow is variable in the Mogami Trough which was previously thought to be a low heat flow zone. A high heat flow value possibly associated with an anomalous reflector was obtained in the hypocentral region of the 1983 Nihonkai-Chubu Earthquake.
自鳳丸KH82-4航海では3地点,若潮丸DELP-85航海では12地点において,地殻熱流量測定を実施した.大和海盆においては,熱流量はきわめて一様であり,従来報告されている値とよく一致している.熱流量データから推算される大和海盆及び対馬海盆の年令は,約25m.y.である.最上トラフはこれまで低熱流量帯であると考えられていたが,今回の測定ではばらつきの大きい値が得られた.1983年日本海中部地震の震源域において高熱流量が測定されたが,これは同じ地点での3.5kHz音波探査で観測された特異な反射記録に関連している可能性がある.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12999
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0624005.pdf1.05 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください