UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/13000

タイトル: Report on DELP 1985 Cruises in the Japan Sea : Part VI : Preliminary Report on the Sediment Samples Obtained during DELP 85 WAKASHIO Leg II and KT 85-15 Cruises
その他のタイトル: DELP 1985年度日本海研究航海報告 : VI. DELP 85, Leg IIおよびKT85-15航海で採集された堆積物試料について
著者: Shimamura, Kiyoshi
Jung, Kyu-Kui
Kuramoto, Shin-ichi
Ashi, Juichiro
Oshida, Atsushi
Tokuyama, Hidekaz
Taira, Asahiko
著者(別言語): 嶋村, 清
鄭, 圭樻
倉本, 真一
芦寿, 一郎
押田, 淳
徳山, 英一
平, 朝彦
発行日: 1988年3月31日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第62冊第4号, 1988.3.31, pp. 433-445
抄録: Surface sediments samples which are distributed around the area in the eastern and southern parts of the Japan Sea were taken at 28 localities during the DELP85 and KT85-15 cruises. The fine-grained sediments that show a prominent color variation were distributed in the eastern part (the Mogami Trough region). This color variation may be effected by volcanic activities with gas eruption on the sea floor. The Yamato Rise in the southern part is an outcropped area of rocks. The foraminiferal sand that contains shell fragments, etc. are distributed on the Yamato Rise.
DELP85およびKT85-15航海を通じ,日本海東部(最上舟状海盆周辺)および日本海南部(大和堆周辺)において28ケ所で表層堆積物試料を採集した.最上舟状海盆周辺には色の変化に富む細粒堆積物が存在し,海底火山活動に伴うガス噴出の影響を受けていると考えられる.また最上深海チャネルを通じて運搬されたと考えられる混質乱泥流堆積物が認められる.大和堆は北大和舟状海盆周辺を除き露岩域である.大和堆上には貝殻片等を含む有孔虫砂が分布する.
URI: http://hdl.handle.net/2261/13000
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0624006.pdf438.16 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください