UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/13004

タイトル: 糸魚川-静岡構造線の重力調査(III) : 諏訪湖周辺部のブーゲー異常
その他のタイトル: Gravity Observations along the Itoigawa-Shizuoka Geotectonic Line (II) : Bouguer Anomaly in the Suwa Basin, Nagano Prefecture, Central Japan
著者: 萩原, 幸男
村田, 一郎
長沢, 工
井筒屋, 貞勝
小竹, 美子
大久保, 修平
田島, 廣一
著者(別言語): Hagiwara, Yukio
Murata, Ichiro
Nagasawa, Ko
Izutuya, Sadakatu
Kotake, Yoshiko
Okubo, Shuhei
Tajima, Hirokazu
発行日: 1988年3月31日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第62冊第4号, 1988.3.31, pp. 517-534
抄録: 諏訪湖周辺に約400点の重力測定を実施した.諏訪湖は糸魚川-静岡構造線の12kmにおよぶ左横ずれ断層運動により生じた陥没地形であって,陥没量は800mを越える.ブーゲー異常から推定すると,陥没量は1~1.4km,横ずれ量は明確ではないが15~20kmと見積ることができる.
The Suwa basin is located in the middle part of the Itoigawa-Shizuoka geotectonic line, the left-lateral displacement of which is estimated as about 12 km from geological evidence. The vertical displacement of the basin subsidence amounts to about 800 m. Another important geotectonic line called the Median tectonic line intersects the Itoigawa-Shizuoka line near the Suwa basin. We define gravity field disturbances associated with these faulting activities in considerable detail by concentrating gravity surveying points on the Suwa basin. We clarify gravimetrically the structure around the intersection of the two tectonic lines. Analysis of Bouguer anomaly indicates that the basin subsidence may exceed 1000 m and the lateral offset amounts to 15~20 km, though the latter is not necessarily clear.
URI: http://hdl.handle.net/2261/13004
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0624010.pdf1.1 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください