UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/13007

タイトル: 山梨県および静岡県における爆破地震動の観測 : 櫛形-清水測線
その他のタイトル: Explosion Seismic Observations in Yamanashi and Shizuoka Prefecture, Central Japan : Kushigata-Shimizu Profile
著者: 爆破地震動研究グループ
著者(別言語): RESEARCH GROUP FOR EXPLOSION SEISMOLOGY
発行日: 1988年6月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第63冊第1号, 1988.6.30, pp. 1-22
抄録: 地震予知計画における中部地方での一連の実験のひとつとして,人工地震による地下構造調査が,1983年11月,山梨県櫛形町と静岡県清水市を結ぶ約60kmの測線上で行われた.爆破点は,この測線上に5点および測線の東約50kmの神奈川県山北町に1点の計6点である.観測は測線上の約70の臨時観測点で行われ,精度の高い多くのデータを得ることができた.測線は糸魚川-静岡構造線のすぐ東に位置しており,得られたデータからこの地域の詳細な構造が推定されるものと期待される.いわゆるファンシューティングの形となっている山北町での爆破による地震動が,富士山によってどのような影響を受けるかも興味深い.
Experiments of explosion seismic observations in Yamanashi and Shizuoka Prefectures, Central Japan, were conducted in November, 1983 along a profile from Kushigata, Yamanashi Prefecture, to Shimizu, Shizuoka Prefecture. On this profile, 5 shots and 70 temporary observation sites were arranged. An additional shot was detonated about 50 km east of the profile. In this paper, an outline of the experiment and some fundamental data such as record sections and travel times are presented. Crustal structure inferred from these data will be published in a separate paper.
URI: http://hdl.handle.net/2261/13007
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0631001.pdf1.2 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください