UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/13008

タイトル: 震央付近の震度-震源の深さ-マグニチュードの関係
その他のタイトル: Relation between Seismic Intensity near the Epicenter, Focal Depth and Magnitude
著者: 宇津, 徳治
著者(別言語): Utsu, Tokuji
発行日: 1988年6月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第63冊第1号, 1988.6.30, pp. 23-31
抄録: 日本の地震について,震央付近の震度I0(気象庁震度階級),マグニチュードM(気象庁方式),震源の深さh(km)の標準的関係を表す実験式を1114個の震度データを用いて求め,次式を得た.M=0.23 I0+0.105 I02+1.2log h+1.3この式はMが2~8,hがO~100km.I0がO~6の地震を対象としている.ただしh=Oと発表されている地震の実際の深さは数kmと考えて,h<3kmの場合はh=3kmと置く,Mが5程度より大きい地震についてはm=1.2I0+1.21log h-0.83すなわちI0=O.83 M-log h+0.71を用いてもよい.
An empirical formula for the seismic intensity (JMA scale) I0 near the epicenter of an earthquake of magnitude M and focal depth h has been determined using 1114 data on seismic intensity recorded in Japan. The formula has the form M=0.23I0+O.105I02+1.2 log h+1.3 for M=2~8, h=3~100km, and I0≧0. For larger earthquakes (M=5~8), this formula is almost equivalent to M=1.2I0+1.2log h-0.83.
URI: http://hdl.handle.net/2261/13008
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0631002.pdf467.86 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください