UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/13009

タイトル: 活断層の重力調査(3) : 越生-高麗本郷断層と立川断層北部
その他のタイトル: Gravity Study of Active Faults (3) : Ogose-Komahongo Fault and the Northern Part of Tachikawa Fault
著者: 萩原, 幸男
長沢, 工
井筒屋, 貞勝
小竹, 美子
大久保, 修平
著者(別言語): Hagiwara, Yukio
Nagasawa, Ko
Izutuya, Sadakatu
Kotake, Yoshiko
Okubo, Shuhei
発行日: 1988年6月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第63冊第1号, 1988.6.30, pp. 33-50
抄録: 埼玉県南西部と束京都西部に約360点の重力測定を実施し,越生-高麗本郷断層と立川断層に関連する重力異常リニアメン卜を検出した.とくに立川断層付近の稠密な重力探査によって,同断層北部は北東側隆起・南西側沈降の可能性があると指摘した.
Gravity measurements were made at about 360 points in the southwestern part of Saitama Prefecture and in the western part of Tokyo City for the purpose of finding anomalous gravity field disturbances regarding the Ogose-Komahongo and the Tachikawa faults. We extracted lineaments parallel to the Ogose-Komahongo fault from the highpass-filtered Bouguer anomaly map. The Tachikawa fault is considered to be the source of a destructive earthquake which will cause much damage to the western part of Tokyo City. It is important from this point of view to intensify geophysical observations for monitoring the fault movements. One of the most fundamental prediction-oriented studies is to clarify the fault structure by gravity as well as geological surveys. The present gravity survey concludes that the Tachikawa fault is a normal fault dipping southwestwards.
URI: http://hdl.handle.net/2261/13009
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0631003.pdf1.17 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください