UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
10 総合教育科学専攻 >
東京大学大学院教育学研究科教育行政学研究室紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/1301

タイトル: <個人論文>文部省「学生生活調査」からみた日本育英会奨学金の検討課題 : 「貸与」の是非をめぐって
その他のタイトル: <Individual Paper>An issues concerning the Japan Scholarship Foundation (Nihon Ikuei-Kai) : from the point of the propriety of "loan" scholarship : the report of the students life in the Ministry of Education
著者: 藤森, 宏明
著者(別言語): Fujimori, Hiroaki
発行日: 2001年3月27日
出版者: 東京大学大学院教育学研究教育行政学研究室
掲載誌情報: 東京大学大学院教育学研究科教育行政学研究室紀要. 20号, 2001.3, p.93-105
抄録: Today, the scholarship policy in Japan has been heading for the direction that they increase the finances and the number of the students on a scholarship. However, the Japan Scholarship Foundation (Nihon Ikuei-Kai), the most popular scholarship in Japan, has been more like "students loan", which may cause the problem that those students who are most in need, will not apply for that scholarship, because "loan" scholarship can even become the burden for the students, especially, for those in the lower class. Therefore, that policy seems to be opposed to the idea of the equality of opportunity of education. These points are observed by the low data of the reports of the students life in the Ministry of Education.
URI: http://hdl.handle.net/2261/1301
ISSN: 13421980
出現カテゴリ:東京大学大学院教育学研究科教育行政学研究室紀要
東京大学大学院教育学研究科教育行政学研究室紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000205577.pdf1.31 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください