UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/13013

タイトル: 1986年伊豆大島噴火前後の重力変化
その他のタイトル: Gravity Change Caused by the 1986 Eruption of Izu-Oshima Volcano
著者: 大久保, 修平
渡辺, 秀文
田島, 広一
沢田, 宗久
坂下, 至功
横山, 泉
前川, 徳光
著者(別言語): Okubo, Shuhei
Watanabe, Hidefumi
Tajima, Hirokazu
Sawada, Munehisa
Sakashita, Shiko
Yokoyama, Izumi
Maekawa, Tokumitsu
発行日: 1988年11月11日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第63冊第2号, 1988.11.11, pp. 131-144
抄録: 1986年11月21日に伊豆大島で大規模な割れ目噴火が起こった.同年12月21日から30日まで重力測定を行い,その結果を噴火前の1983年5月の値と比較した.大島の北西-南東方向を主軸として,中央部では重力値が数十μgal増加し,逆に周辺部では数十μgal減少していることがわかった.本論文では測定の経緯を詳述することに主限をおく.
We repeated the gravity survey on Izu-Oshima island from Dec. 21, 1986 until Dec. 30, 1986, a month after the 1986 eruption of Izu-Oshima volcano. The result is compared with the gravity field in May 1983. We find increase in gravity of several tens of microgals in the central zone that extends northwest to southeast, and on its outside decrease of several tens of microgals. These data are invaluable for better understanding of the physical process of the volcanic eruption.
URI: http://hdl.handle.net/2261/13013
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0632005.pdf614.06 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください