UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/13015

タイトル: マグマ後退期の火山活動の発生機構 : 1986年12月以後の伊豆大島火山噴火の解釈
その他のタイトル: Model of Volcanic Activity Associated with Magma Drain-back : Implication for Eruptions of Izu-Oshima Volcano after December, 1986
著者: 井田, 喜明
山岡, 耕春
渡辺, 秀文
著者(別言語): Ida, Yoshiaki
Yamaoka, Koshun
Watanabe, Hidefumi
発行日: 1988年11月11日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第63冊第2号, 1988.11.11, pp. 183-200
抄録: 伊豆大島火山の山頂火口で,1986年12月以後に発生した3回の小噴火について,その発生機構を考察し,以下のモデルを提案する.伊豆大島火山の北西山腹の地下には,約5kmの深さにマグマだまりが存在する.1986年11月の山頂噴火と割れ目噴火では,マグマだまりの圧力が高まり,そこからマグマが上昇した.その後伊豆大島火山ではマグマの後退が進行し,そのような状況下で,12月以後の小噴火が発生した.マグマの後退は,火道内に空洞をつくり,同時にマグマの圧力を低下させて,水蒸気の発泡を促進する.1987年11月16日の噴火前には,長い前駆期間を通じて,水蒸気の発泡,移動と,火道上部におけるその蓄積が進行した.水蒸気の発生,上昇過程は,火山性微動を生み,空洞に蓄積された水蒸気の高まりは,地震と噴気の活動を活発化した.十分に高まった水蒸気圧は,最終的には,噴火と対応する爆発を起こすに至った.一方,1986年12月18日と1987年11月18日の噴火では,マグマの後退のために生じた火道内の空洞が,重力不安定で崩壊した.旧火口内部にたまっていたマグマは,3回の小噴火で段階的に地下に逆流した.逆流は,1987年11月18日の噴火のときが最も顕著で,その効果は,火道を伝わってマグマだまりの圧力を急激に高め,伊豆大島内外の傾斜や体積歪に,系統的な変化をもたらした.
The five eruptions of Izu-Oshima volcano from November, 1986 through November, 1987 are modeled, based on the data of eruptive, seismic, fumarolic and other activities of the volcano, as follows. There was a magma reservoir at a depth of about 5 km below the northwestern flank of Izu-Oshima volcano. The first eruption at the Mihara summit crater and the second along the fissures were caused by dominant upwelling of magma. Following these major eruptions in November, 1986, three small eruptions took place at the summit crater under the circumstances that magma was draining back to a deeper vent. Generally the drain-back of magma makes a cavity in the vent and vapor bubbles in magma due to decreased magma pressure. Ascending vapor produces vibrations observed as volcanic tremors, and carries heat upward. Some part of the vapor accumlates in the shallow cavity and increases its volume and pressure, even if the overall magma pressure is lowered steadily. For a long precursory period before the fourth eruption on November 16, 1987, the vapor pressure in the cavity was increased little by little and enhanced seismic and fumarolic activities in and around the summit crater. Critically high vapor pressure finally led to this explosive eruption. In the third eruption on December 18, 1986 and in the fifth on November 18, 1987, some cavity was crushed so that overlying magma slid down quickly into a deeper vent, ejecting a little volcanic material out of the crater mechanically. In particular, the fifth eruption had substantial magma drain back from the isolated pit crater to the vent so that an abrupt pressure increase was transmitted through the vent to the magma reservoir and produced a systematic change of tilt and volumetric strain in and around Izu-Oshima island.
URI: http://hdl.handle.net/2261/13015
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0632007.pdf1.22 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください