UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/13018

タイトル: 日高山脈南西部における爆破地震動の観測 : 新冠-様似測線
その他のタイトル: Explosion Seismic Observations on the Southwestern Foot of the Hidaka Mountains, Hokkaido, Japan : Niikappu-Samani Profile
著者: 爆破地震動研究グループ
著者(別言語): RESEARCH GROUP FOR EXPLOSION SEISMOLOGY
発行日: 1988年12月23日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第63冊第3号, 1988.12.23, pp. 273-288
抄録: 1984年9月,北海道日高支庁の新冠町から様似町にかけての全長66kmの測線において,人工地震観測による地下構造探査が行われた.この観測は,第5次地震予知計画に基づくものである.測線上に設けられた5点の爆破点からの地震波は64の臨時観測点で観測され,精度の高い多くのデータを得ることができた.この測線の中央部は,1982年浦河沖地震の内陸部の余震域を横断しており,またこの部分は神居古潭変成帯に相当しているので,きわめて複雑な構造が予想される.今回の観測でも,各爆破点のレコードセクションは,いずれもこの複雑な構造をうかがわせる特徴を示している.
Seismic refraction experiments were conducted in September, 1984 along a profile from Niikappu to Samani, on the southwestern foot of the Hidaka Mountains, Hokkaido, Japan. Five shot points and 64 temporary observation sites were arranged on this profile about 66 km long. In this paper, an outline of the experiments and some fundamental data such as record sections and travel times are presented. This profile crosses the Kamuikotan metamorphic belt and the after-shock region of the 1982 Urakawa-oki earthquake, M7.1. Observed records clearly show the geological complexity of this area. Crustal structure inferred from these data will be given in a separate paper.
URI: http://hdl.handle.net/2261/13018
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0633002.pdf876.62 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください