UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/13019

タイトル: 津波マグニチュードによる日本付近の地震津波の定量化
その他のタイトル: Tsunami Magnitude and the Quantification of Earthquake Tsunamis around Japan
著者: 阿部, 勝征
著者(別言語): Abe, Katsuyuki
発行日: 1988年12月23日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第63冊第3号, 1988.12.23, pp. 289-303
抄録: 日本周辺で1894年から1985年までの92年間に発生した地震津波について基礎データを見直し,前報のカタログにある津波マグニチュードMtや表面波マグニチュードMs気などの改訂と追加を行う.Mtは,計器観測による津波の最大振幅とその伝播距離から津波の大きさを表すスケールとして定義されたもので,かつ津波を起こした地震のモーメント・マグニチュードに関連づけられている.Mtからみて最大の津波はMt8.5の1918年ウルップ島沖の津波であり,次いでMt8.4の1963年エトロフ島沖の津波,Mt8.3の1933年岩手県沖の津波が続く.Mtが決定された104個の地震のうちの約1割はMsの割にMtが著しく大きな津波地震である.Mtから津波エネルギーEtを求める式はlogEt(erg)=2Mt+4.3で表される.これによれば,過去92年間の津波の総エネルギーは1.0×10-22ergである.これはMt=8.9の津波エネルギーに相当するが,1960年チリ津波の津波エネルギーの13分の1,同じ期間に環太平洋で発生した津波の総エネルギーの1/30に過ぎない.1年当りの平均の津波エネルギーは1.1×1020erg/年であり,Mt=7.9の津波エネルギーに相当する.
The tsunami magnitude Mt is unique among many magnitude scales in seismology, because it is based on instrumental amplitude of tsunami waves, its level being adjusted to agree with the moment magnitude of an earthquake. The previous catalog of Mt is revised and enlarged to maintain its uniformity. In the present catalog, Mt is assigned to 104 earthquake tsunamis that occurred around Japan for the past 92 years during the period from 1894 to 1985. The 1918 event off Urup Island has the largest Mt, 8.5. The 1963 event off Iturup Island (Mt=8.4) and the 1933 Sanriku-Oki event (Mt=8.3) follow. From the relationship between Mt and Ms, at least eleven events are identified to be major tsunami earthquakes which generated anomalously large tsunamis for their surface-wave magnitude Ms. The semi-empirical relation between Mt and tsunami energy Et is obtained in the form log Et(erg)=2Mt+4.3. From this relation, the total tsunami energy for the past 92 years is estimated to be 1.0×1022erg. This corresponds to Et of Mt=8.9, one-thirteenth of Et of the 1960 Chilean tsunami, and one-thirtieth of the total tsunami energy in the circum Pacific during the same period. The annual average of Et around Japan is estimated to be 1.1×1020erg/yr, corresponding to Et of Mt=7.9.
URI: http://hdl.handle.net/2261/13019
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0633003.pdf921.48 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください