UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/13022

タイトル: Carrection to the Paper "Multiple Tension-Crack Model for Dilatancy : Surface Displacement, Gravity and Magnetic Change"
その他のタイトル: 「地殻ダイラタンシーの複合テンション・クラック・モデル : その変位,重力および地磁気変化」の一部訂正
著者: Sasai, Yoichi
著者(別言語): 笹井, 洋一
発行日: 1988年12月23日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第63冊第3号, 1988.12.23, pp. 323-326
抄録: 上記論文(SASAI 1986)の一部に.誤りが見つかったので,訂正する.それはT33型クラック・モデルの重力変化の項である.なおこの誤りは,地震研究所の大久保修平博士に指摘して頂いた.単一のT33型クラックの及ぼす応力場で,半無限弾性体に生ずる密度変化に伴い,重力も変化する.ところがこのタイプの力源では,密度変化による項は,結果としてゼロになることが分かった.原論文における(4.19)式は,(4.19')式に訂正する.これに伴って,原論文ではFig.8(c)に示した重力変化の例を,Fig.8'(c)のように改める.同一の最大隆起を示す複合テンション・クラック・モデルのうち,T33型の重力変化が最も小さく,10cm程度の隆起量では,クラック内部を満たす物質の密度の違いを判別できない.なお大久保(準備中)によれば,T33型の他に,垂直たてずれのせん断型くい違いを表す歪核(W23型とW31型)においても,密度変化による重力変化は,地表ではゼロになる.これはピエゾ磁気効果についての同様な結果(SASAI,1980)と完全に一致しており,興味深い.この事実の直観的で理解しやすい解釈は,今の所,得られていない.なお,原論文の数式における,いくつかのミスプリントも訂正した.誤りを指摘した上に,色々議論して頂いた大久保修平博士に,心から感謝します.
URI: http://hdl.handle.net/2261/13022
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0633006.pdf173.98 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください