UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/13024

タイトル: 糸静線活断層系中部,若宮,大沢断層の性格と第四紀後期における活動 : 富士見,茅野における発掘調査
その他のタイトル: Late Quaternary Activities in the Central Part of Itoshizu Tectonic Line : Excavation Study at Wakamiya and Osawa Faults, Nagano Prefecture, Central Japan
著者: 糸静線活断層系発掘調査研究グループ
著者(別言語): RESEARCH GROUP FOR THE ITOSHIZU TECTONIC LINE ACTIVE FAULTS
発行日: 1989年3月31日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第63冊第4号, 1989.3.31, pp. 349-428
抄録: 1983年に,糸静線活断層系中部の若宮断層(富士見町)と大沢断層(茅野市)の発掘調査を行った.Aトレンチ(若宮断層),Bトレンチ(大沢断層)ともに,北西方向にのびる丘の西縁に地形的に推定された断層を横切ってつくられた.Aトレンチでは約100,000年前以降の,Bトレンチでは約14,000年前以降の地層群をきる断層(群)が見いだされ,両断層が活断層であることが地質学的にも確認された.しかし,Aトレンチでは丘側の高角断層群と低地側の低角逆断層群とが存在するのに対し,Bトレンチでは一つの顕著な断層帯が存在する.Aトレンチの高角断層およびBトレンチの断層は,いずれも東側の隆起を伴う左横ずれを示す.断層東側の丘は,このような変位の繰り返しの結果として形成されたものと考えられる.Aトレンチでは断層の活動期を明確に決定することはできなかったが,Bトレンチでは,6層(トレンチ内最下部の地層)堆積以降少なくとも5回の同じ向きの変位が繰り返されたことが明らかになった.おもな断層活動の再来周期は約4000~5000年と考えられる.最新の活動は,約1200年前に起こった.この活動は,A.D.841年の,松本付近に被害を与えた歴史地震に対応すると思われる.
A series of active faults developes in the central part of the Itoshizu Tectonic Line (ITL), which is one of the most important tectonic lines in Japan, running northwestward through central Japan (Figs. 1-3). In 1983, two trenches, A and B, were excavated across geomorphologically estimated active faults, the Wakamiya and Osawa Faults, belonging to the ITL active fault system. The purpose of this trenching survey is to identify the precise position of fault traces and the nature of faults, and to establish the timing of faulting, particulaly the age of the latest event and recurrence interval of faulting. Both trenches are located at the base of the western slope of tectonic bulges, but trench A is on the middle of the bulge (Figs. 4 & 6) and trench B is on the southern end of the bulge (Figs. 5 & 7). Both trenches have similar direction, NEE-SWW, perpendicular to the fault trend (long axes of the bulges), and have similar scale, ca. 30m in length and ca. 3 m in depth, except for the eastern part of trench A (ca. 7 m in depth) (Table 1).
URI: http://hdl.handle.net/2261/13024
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0634002.pdf5.99 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください