UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/13035

タイトル: Report on DELP 1987 Cruises in the Ogasawara Area : Part VI : Heat Flow Measurements
その他のタイトル: DELP1987年度小笠原海域航海報告 : VI. 地殻熱流量探査
著者: Kinoshita, Hajimu
Kasumi, Yoshinobu
Baba, Hisatoshi
著者(別言語): 木下, 肇
霞, 芳伸
馬場, 久紀
発行日: 1989年9月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第64冊第2号, 1989.9.30, pp. 223-232
抄録: Some heat flow measurements were conducted during the DELP 1987 cruise in the Ogasawara Trough. Good penetrations of the heat flow probe were infrequent during this cruise. The present data are combined with previous works. It is shown that the Ogasawara Trough presents, in general, relatively low heat flow values. This agrees with the view that rapid burial of the basement materials occurred after the cessation of rifting as suggested by seismic profiler study by the same cruise.
1987年のDELP小笠原トラフ海域航海において海底地殻熱流量の測定が行われた.この航海での測定値で有効なものは余り多くないが,得られた結果に付いて報告する.今回の測定は過去に得られたデータに新たな測点を加えたに過ぎないが,小笠原トラフ内での海底地殻熱流量は一般的に低めの値を示すようである.このことと本報告第II部の海底音波探査記録についての記述にも有る様に,リフティング後の大量な堆積物によってトラフ基底層が急速に覆われた為ではないかと思われる.
URI: http://hdl.handle.net/2261/13035
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0642006.pdf585.31 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください