UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/13036

タイトル: Report on DELP 1987 Cruises in the Ogasawara Area : Part VII : Petrochemistry of Volcanic Rocks of Ogasawara Area
その他のタイトル: DELP1987年度小笠原海域航海報告 : VII. 小笠原地域の火山岩類の岩石化学
著者: Ishikawa, Masanori
Sado, Kooichiro
Nakazaaw, Masato
Miyoshi, Yasutaka
著者(別言語): 石川, 政憲
仲沢, 正人
三好, 康隆
佐渡, 耕一郎
発行日: 1989年9月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第64冊第2号, 1989.9.30, pp. 233-254
抄録: A large number of volcanic rocks were collected from knolls on the western side of Kita Iwo Jima and the Kaikata Seamount. Examinations on the major chemical elements of these rocks show that the volcanic materials of Kita Iwo Jima are of low-alkali tholeiitic andesite and contain about 61-66% of SiO2. Only one sample belongs to high-alkali tholeiitic andesite containing about 55% SiO2. If we assume that the high-alkali tholeiitic andesite is autochthonous, the volcanic edifice of Kita Iwo Jima consists mainly of low-alkali tholeiite and partly of high-alkali tholeiite. In contrast, the volcanic rocks from the Kaikata Seamount are of high-alkali tholeiitic basalt containing about 49-54% SiO2.
東海大学丸二世号DELP-87航海では,小笠原海台の南西部に位置する松原海山で1地点,北硫黄島西側海底斜面および西方の小海丘で3地点,海形(かいかた)海山で2地点,小笠原舟状盆地の中央部で1地点の合計7地点でドレッジが行われた.この内,火山岩類が採取されたのは北硫黄島西方の3地点(Site 2,Site 3及びSite 4)と海形海山での2地点(Site 5及びSite 6)である.北硫黄島西側の小海丘の火山岩類はSiO2含有量が61~66%を示す低アルカリソレアイト質の安山岩である.得られた火山岩類のうち1資料(2-6)はS1O2含有量が55%を示す高アルカリソレアイト質の安山岩である.これに対して,海形海山火山岩類のS102含有量は49~54%を示す高アルカリソレアイト質の玄武岩である.北硫黄島を含む火山体の少なくても上部は低アルカリソレアイト質の玄武岩から成ると言えるが,高アルカリソレアイトを示す2-6試料を重視するとあるいは北硫黄島を形成する火山体には低アルカリソレアイトと高アルカリソレアイトの両方が存在している可能性がある.
URI: http://hdl.handle.net/2261/13036
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0642007.pdf4.33 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください