UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/13045

タイトル: 地震予知観測情報ネットワークにおけるリアルタイム地震データの統合処理
その他のタイトル: Integration of Real-Time Earthquake Data Acquired Through the University Information System for Earthquake Prediction Research
著者: 纐纈, 一起
鷹野, 澄
坪井, 誠司
宮武, 隆
阿部, 勝征
萩原, 幸男
著者(別言語): Koketsu, Kazuki
Takano, Kiyoshi
Tsuboi, Seiji
Miyatake, Takashi
Abe, Katsuyuki
Hagiwara, Yukio
発行日: 1990年3月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第64冊第4号, 1990.3.30, pp. 517-532
抄録: 地震予知計画の下で国立大学により運営されてきた地震予知観測情報ネットワークでは,各構成機関により維持・管理されている約160点の地震観測点の波形データが,全国7箇所の地域センター等に集められ,そこでそれぞれ独自に開発された自動処理システムにより,地震波到着時刻の読み取り・震源位置の決定などがリアルタイムで行なわれている.この処理結果はオンラインで地震研究所の地震予知観測情報センター(EPDCに転送され,リアルタイム地震データとしてデータベースに保存されている.EPDCではこのデータを統合し,TSSにより表示できるようにしたシステムを開発した.統合処理は2つのジョブが前処理と本処理を担当する.前処理ではデータを震源時順に並べ替えることと,震源時と震央座標が近い地震を同一地震と仮判定することが行なわれる.この結果がさらに本処理に送られ,親子法による同一地震の本判定と震源再決定が実行される.震源再決定で得られた統合処理結果は,ユーザのTSSごとに起動される検索プログラムで表示させることができる.1ヵ月間の処理結果を気象庁の震源速報と比較したところ,海の地震の深さが異なるのが目立つ程度で,マグニチュード3半ばより大きい地震はよく一致した.それより小さな地震では全般的に気象庁より検知能力が高いが,観測網が粗い中国・四国地方やまったく観測点がない九州地方は気象庁が優れている.本システムの今後の課題は,現在大きな地震のデータ統合を優先しているため,小さい地震の分離能力が弱い点を改善することである.また,現在情報不足で困難となっているマグニチュードの独自決定も課題であろう.
About 160 seismic stations are telemetered to seven regional centers through the University Information System for Earthquake Prediction Research, which is operated by Japanese national universities under the national program for earthquake prediction. The automatic processing systems developed by the regional centers pick up arrival times from acquired seismograms, and independently determine hypocentral parameters in real time. These data are transmitted to the Earthquake Prediction Data Center (EPDC) of the Earthquake Research Institute, and compiled in the detabase system. They are automatically integrated by EPDC. Two jobs, which carry out preliminary and main processes of integration, are always running on the mainframe computer of EPDC. In the preliminary process, the data are sorted according to their origin times, and events with similar origin times and hypocentral coordinates are temporarily marked. The results are transmitted to the main process, where the system judges with the so called 'parent-child method'if marked events are identical or not, and determines hypocentral parameters. Seismologists can look at final results through the monitoring program on TSS. Our results for events having M greater than 3.5 agree well with the results of the Japan Meteorological Agency (JMA). However, depths of events near trenches are sometimes different between our results and JMA's. In general, the University Information System has higher ability to detect small events than JMA except for those in Chugoku, Shikoku and Kyushu. The current system prefers integrating data of a large event, so it sometimes fails to separate data for different small events. We cannot now determine M by ourselves because of the lack of data necessary for magnitude estimation.
URI: http://hdl.handle.net/2261/13045
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0644003.pdf1.07 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください