UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/13049

タイトル: Upper Crustal Structure under the Central Part of Japan : Miyota-Shikishima Profile
その他のタイトル: 日本中部下の上部地殻構造 : 御代野-敷島測線
著者: Sasatani, Tsutomu
Yoshii, Toshikatsu
Ikami, Akira
Tanada, Toshikazu
Nishiki, Tsukasa
Kato, Susumu
著者(別言語): 笹谷, 努
吉井, 敏尅
伊神, 煇
棚田, 俊收
西木, 司
加藤, 進
発行日: 1990年6月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第65冊第1号, 1990.6.30, pp. 33-48
抄録: In October 1982, a seismic refraction experiment was conducted by the Research Group for Explosion Seismology in the Miyota-Shikishima Profile in Nagano and Yamanashi Prefectures, central Japan. Five shots were fired on the 60 km-long profile. The upper crustal structure derived from travel-time data is simple and has a high velocity gradient; 4.0km/s at the surface to 6.0km/s at about 2.5km depth. Based on the amplitude-distance pattern of the refraction phases, we confirmed the existence of the velocity gradient. A few explosive sources generated clear S waves with amplitudes large enough to be read. We obtained an average POISSON'S ratio of around 0.246 in the uppermost crust from S to P travel time ratios. The other later arrivals were interpreted as reflected phases from a deep interface, the Conrad discontinuity. We modeled the interface shape by the ray-tracing technique. The interface inclines teward the north by about 20°.
地震予知計画による4度目の爆破地震の実験が, 1982年10月,日本中部の長野県から山梨県にかけての御代田-敷島測線上で行われた. 60kmの測線上の5個所で爆破が行われ,約60点の臨時観測点で観測された.この実験の概要と,得られた記録や走時データなどの基礎的な資料については,すでに報告されている(爆破地震動研究グループ, 1986).ここでは,これらのデータの解析結果について報告する.
URI: http://hdl.handle.net/2261/13049
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0651002.pdf990.12 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください