UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/13055

タイトル: GPS干渉測位法による基礎実験
その他のタイトル: A Fundamental Experiment of High Accurate GPS Interferometer
著者: 村田, 一郎
加藤, 照之
綿田, 辰吾
平田, 安廣
井筒屋, 貞勝
土屋, 淳
伊賀, 章
著者(別言語): Murata, Ichiro
Kato, Teruyuki
Watada, Shingo
Hirata, Yasuhiro
Izutuya, Sadakatu
Tsuchiya, Atsushi
Iga, Akira
発行日: 1990年6月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第65冊第1号, 1990.6.30, pp. 277-287
抄録: NAVSTAR/GPS衛星からの電波を地上の複数点においた受信機で受信し,搬送波の位相を比較することによって地上の観測点の間の相対位置並びに基線長を精度良く求める方法が考案され, GPS干渉測位法と呼ばれている.本報告ではその原理と方法を概説し,このような目的で導入した受信機について紹介する.この受信機を用いて基礎的な実験を行ったのでその結果についても報告する.実験は地震研の屋上に設置された約4.6mの基線において実施した.経緯儀による地上測量と比較した結果,座標値で数mm,基線長で高々2mmの差となり,良好な結果が得られた.
Interferometric use of Global Positioning System (GPS) serves us with a tool of high accurate relative positionings. The accuracy expected from GPS may reach to the order of 0.1ppm or better, which is one degree of order better than the conventional techniques such as electromagnetic distance measuring instruments. The present research introduces the SONY GTT-4000 receivers that have been manufactured for such interferometric use. The first experiment was conducted at the baseline of about 4.6m on the roof of ERI. Results showed only less than 6mm difference in coordinates and less than 2mm in length from the ground surveys using a theodolite.
URI: http://hdl.handle.net/2261/13055
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0651008.pdf1.48 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください