UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/13060

タイトル: 地震に伴った諸現象・被害・震度等のグループ法による通信調査
その他のタイトル: Distribution of Various Effects and Damages Caused by Earthquakes and of Seismic Intensities on the Basis of Questionnaire Surveys : A Newly Developed Group Survey Method
著者: 茅野, 一郎
著者(別言語): Kayano, Ichiro
発行日: 1990年9月28日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第65冊第2号, 1990.9.28, pp. 463-519
抄録: Questionnaire surveys are appropriate and effective in collecting data for investigations of the distribution and extent of various effects, such as human sensations, overturning of dolls, furniture, and grave stones, falling of objects from shelves, as well as damage caused by earthquakes.
URI: http://hdl.handle.net/2261/13060
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0652003.pdf3.67 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください