UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/13066

タイトル: 福島県-栃木県地域における爆破地震動の観測 : いわき-棚倉-那須測線
その他のタイトル: Explosion Seismic Observations in Fukushima and Tochigi Prefectures, Northeastern Japan : Iwaki-Tanagura-Nasu Profile
著者: 爆破地震動研究グループ
著者(別言語): Research Group For Explosion Seismology
発行日: 1990年12月25日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第65冊第3号, 1990.12.25, pp. 611-632
抄録: 第5次地震予知計画による人工地震地下探査が, 1986年11月,福島県いわき市と栃木県那須町を結ぶ全長約54kmの測線で行われた. 6箇所の爆破および測線上にある砕石爆破からの地震波が,約70点の臨時観測点で観測された.薬量は最大で500kgであった.各爆破ともきわめて良好な記録が得られ,この地域の精密な地下構造が推定できるものと期待される.この測線は棚倉構造線を横切っている.初動の走時はこの構造線付近の地震波速度の異常が,それほど地下深くまでは及んでいないことを示している.レコードセクションには継続時間の長い接続波が見られ,これから地下深部の重要な情報が得られる可能性がある.
Seismic refraction experiments were done in November, 1986 along a profile in northeastern Japan from Iwaki, Fukushima Prefecture to Nasu, Tochigi Prefecture. This profile crosses the Tanagura Tectonic Line, one of the important tectonic lines in Japan, at around its middle. Six bore-hole shots and a quarry blast were fired and generated seismic waves were recorded at about 70 temporary stations along the profile. High quality records were obtained for all shots, and the travel times of first arrivals suggest the remarkable but rather small-scale character of the Tanagura Tectonic Line. Later arrivals with rather long duration may be an indication of some important features of the lower crust in this area.
URI: http://hdl.handle.net/2261/13066
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0653004.pdf1.37 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください