UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/13068

タイトル: 糸魚川-静岡構造線の重力調査(III) : 松本盆地東縁断層北側延長部の追跡
その他のタイトル: Gravity Observations along the Itoigawa-Shizuoka Geotectonic Line (III) : Bouguer Anomaly around the Northern Part of Matsumoto Bonchi Toen Fault
著者: 大久保, 修平
長沢, 工
村田, 一郎
許, 華妃
著者(別言語): Okubo, Shuhei
Nagasawa, Ko
Murata, Ichiro
Sheu, Hwa-Chu
発行日: 1990年12月25日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第65冊第3号, 1990.12.25, pp. 649-663
抄録: 松本盆地東縁断層の北側延長部の周辺で約190点の重力測定を実施した.爆破地震学から求められている松本盆地東縁断層付近の構造をとりいれて,重力異常の解析をすすめた.その結果,逆断層運動にともなって周囲に生じる系統的な密度変化によって,実際のブーゲー異常のパターンおよび振幅がきわめてよく説明できることがわかった.
The Matsumoto Bonchi Toen Fault (MBTF) is located in the middle part of the Itoigawa-Shizuoka geotectonic line. We carried out gravity surveying around the MBTF at about 190 points.
URI: http://hdl.handle.net/2261/13068
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0653006.pdf894.71 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください