UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/13080

タイトル: 1986年12月30日長野県北西部に発生した地震(M5.9)の通信調査 : 震度分布の異方性
その他のタイトル: Questionnaire Survey of the Effects and Seismic Intensity of the Earthquake (M-5.9) which occurred on December 30, 1986, in the Northwestern Part of Nagano Prefecture, Central Honshu, Japan
著者: 茅野, 一郎
酒井, 要
小林, 勝
羽田, 敏夫
橋本, 信一
佃, 為成
著者(別言語): Kayano, Ichiro
Sakai, Kaname
Kobayashi, Masaru
Haneda, Toshio
Hashimoto, Shin'ichi
Tsukuda, Tameshige
発行日: 1991年6月28日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第66冊第1号, 1991.6.28, pp. 229-257
抄録: A questionnaire survey was carried out for an earthquake of magnitude 5.9 which occurred in the northwestern part of Nagano Prefecture, which is situated in the northern part of central Honshu, Japan. About 5000 questionnaire cards were returned with answers from public junior high schools located within 80km of the epicenter. Relative frequency of various phenomena and seismic intensity were calculated and plotted on distribution maps. Seismic intensities were found to be remarkably small in areas west to the central mountainous region of Honshu, when compared with those in areas east to that.
URI: http://hdl.handle.net/2261/13080
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0661009.pdf1.31 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください