UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/13091

タイトル: Efficient Active Suppression of Vibration Based upon Explicit Treatment of Actuator Characteristics
その他のタイトル: アクチュエータの特性の精密な扱いに基づいた効率的なアクティブ制震
著者: Higashihara, Hiromichi
Indrawan, Benjamin
著者(別言語): 東原, 紘道
Indrawan, Benjamin
発行日: 1991年12月27日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第66冊第3号, 1991.12.27, pp. 517-552
抄録: A new approach to efficient active suppression of seismic vibration of structures is developed. The key concept of the new method is explicit treatment of the characteristics of the actuators: power limit and delay of response. Actuators with the newly developed control criterion can work even under extremely large seismic loading. In order to achieve the objectives, the classical theory of optimal control is applied and optimality conditions of operation of the actuators are obtained. A solution procedure is proposed for one-degree-of-freedom system, and a concise control criterion is derived. The controllability of the proposed procedure is investigated by a synthesis procedure. Next, the case of a delayed actuator is studied by modeling it with a first-order differential equation, and a similar concise criterion is obtained. Finally, the efficiency of the present method is examined by means of numerical simulation. The result shows high efficiency of the proposed method in suppressing the excessive vibration responses, in comparison to the classical regulator method.
地震時の構造物の振動をアクティブに抑制する一つの効率的な手法を提案する.その基礎となる考え方は,出力限界や応答遅れなどアクチュエータの能力の制約を精密に扱うことにある.この新しい制御規範によって駆動されるアクチュエータは,巨大地震時にも正常に作動することができるという利点をもつ.
URI: http://hdl.handle.net/2261/13091
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0663003.pdf1.98 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください