UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/13097

タイトル: 紀伊半島における爆破地震動の観測 : 河内長野-紀和測線
その他のタイトル: Explosion Seismic Observations on the Kit Peninsula, Southwestern Japan : Kawachinagano-Kiwa Profile
著者: 爆破地震動研究グループ
著者(別言語): Research Group For Explosion Seismology
発行日: 1992年6月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第67冊第1号, 1992.6.30, pp. 37-56
抄録: Seismic refraction experiments were conducted on November 17 and 18, 1988, in order to reveal the detailed crustal structure beneath the Kii Peninsula, southwestern Japan. Observations were made on a line running in the north-south direction from Kawachinagano, Osaka Prefecture to Kiwa, Mie Prefecture. The line crosses major geological zones which characterize the geological features of southwestern Japan. Six shots were fired and the generated seismic waves were recorded at 86 temporary observation sites. High quality records were obtained for all shots despite rainy weather on the second day of the experiment. Very prominent later arrivals, probably reflected waves from the lower crust or the upper mantle, can be recognized on the record sections. Travel times of the first arrival suggest rather gentle structure in the upper crust. Results of the detailed analysis showing the structure from the upper crust to the upper mantle beneath the Kii Peninsula will be published in a separate paper.
1998年11月17日および18日の早朝,紀伊半島内の大阪府河内長野市と三重県紀和町を結ぶ全長約65kmの測線で,人工地震による地下構造調査が行なわれた.この測線は,西南日本の特徴的な地質帯を南北に横切っている.爆破点は測線上に全部で6ヶ所設けられ, 86点の臨時観測点で爆破による地震動が観測された. 2日目はほとんどの観測点で雨に見舞われたが,全体としては良好な記録を得ることができた.レコードセクション上には,地殻深部あるいは上部マントルからの反射波と思われる極めて優勢な後続波が認められる.初動の走時からは,地殻上部の地震波速度構造が水平的にはあまり急激に変化していないことが推定される.
URI: http://hdl.handle.net/2261/13097
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0671003.pdf1.46 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください