UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/13098

タイトル: 鋸山地殻変動観測所において観測された異常地殻変動
その他のタイトル: Abnormal Crustal Movements Observed at Nokogiriyama Crustal Movement Observatory
著者: 柳澤, 道夫
石井, 紘
高橋, 辰利
著者(別言語): Yanagisawa, Michio
Ishii, Hiroshi
Takahashi, Tatsutoshi
発行日: 1992年6月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第67冊第1号, 1992.6.30, pp. 57-66
抄録: An abnormal crustal movement for the first time in 30 years was observed at Nokogiriyama crustal movement observatory during the period from July 31 to August 12, 1990. Continuous observation instruments like extensometers, water-tube tiltmeters and an underground water level meter recorded an abnormal variation of a simple type. The maximum amplitude reached 1.7~3.4×10-6 of strain, 0.16~0.27 second of tilt and 1.7 meter drop of water level. The details of the phenomena are described though the cause of the abnormal crustal movements is not known yet.
鋸山地殻変動観測所において地殻変動の観測が開始されてより, 30年余が経過した. 1990年7月31日より8月12日にかけて大規模な異常地殻変動を,伸縮計,水管傾斜計と地下水位計によって観測した.それぞれの最大振幅は, 1.7~3.4×10-6strain, 0.16~0.27"と1.7mの水位低下である.また水位変化は歪あるいは傾斜変化より約8時間遅れて開始した.これらの詳細な観測結果について報告する.
URI: http://hdl.handle.net/2261/13098
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0671004.pdf600.84 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください