UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/13115

タイトル: 天明三年(1783)の浅間山噴火による降下堆積物に関する古文書記録と数値シミュレーション
その他のタイトル: Thickness Distribution of Tephra Ejected in the 1783 Tenmei Eruption of Asama Volcano as Revealed from Old Documents, and its Comparison with Result of Numerical Simulation
著者: 日野, 貴之
都司, 嘉宣
著者(別言語): HINO, Takayuki
TSUJI, Yoshinobu
発行日: 1993年9月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第68冊第2号, 1993.9.30, pp. 71-90
抄録: Asama Volcano started the Tenmei Eruptive Activity on May 9, 1783, and fromJuly 24 began to make underground rumblings. At noon on July 28 it erupted violently, and smoke and ash were ejected eastward. In that moment, at Edo(present Tokyo) buildings vibrated due to the atmospheric shock waves. The activity of the eruption reached a peak from July 25 to August 8. During the peak stage of the eruption, a great deal of tephra fell on the northwestern Kanto plain, mainly ESE of the crater.
URI: http://hdl.handle.net/2261/13115
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0682001.pdf1.38 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください