UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/13124

タイトル: 1993年北海道南西沖地震の断層要素の推定とその津波の特性
その他のタイトル: Estimation of Fault Parameters of the 1993 Hokkaido-Nansei-Oki Earthquake and Tsunami Characteristics
著者: 加藤, 健二
都司, 嘉宣
著者(別言語): KATO, Kenji
TSUJI, Yoshinobu
発行日: 1994年9月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第69冊第1/2号, 1994.9.30, pp. 39-66
抄録: 本研究では,1993年7月12日に発生した北海道南西沖地震(MUMA7.8)の津波の挙動を調べた.まず最初に,津波の初期条件を求めるために断層要素の決定を行なった.断層要素の決定は,余震分布,奥尻島での鉛直,および水平の地殻変動量および江差と岩内の検潮記録に基づいて行なった.余震分布から,断層面を北側,南側の2つからなるとした.その結果,南側の断層では,低角な東下がりのものと,高角な西下がりのものがともに奥尻島の地殻変動の条件を満たすことがわかった.ここで求めた断層要素を使って,断層は南北とも西下がりであるとして,北海道周辺での津波の振舞いを調べた.津波は,奥尻海脚,奥尻海盆の影響を受けて複雑な振舞いをしたことがわかった.また,奥尻島の南西部について詳しく調べてみると,奥尻海脚によって曲げられた津波が第1波を形成し,同島南部の初松前地区に集中して,ここの集落の家屋を全滅させたことがわかった.また,奥尻海脚の東端と西端を節とするここにトラップされた固有振動が,島南端の青苗の居住地の主要部に大きな被害をもたらす第2波を形成することがわかった.
In the present paper, we study the characteristics of the tsunami of the Hokkaido-Nansei-Oki earthquake of July 12, 1993(MJMA 7.8). The fault parameters were estimated from the distribution of aftershocks, crustal movement of Okusiri Island and tidal records of Iwanai and Esashi stations. The event consisted of motions of two faults: one in the sea north of Okusiri Island, and the other southwest of the island.
URI: http://hdl.handle.net/2261/13124
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0691003.pdf2.62 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください