UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/13135

タイトル: やや遠地地震を用いた霧島火山群の3次元P波速度構造解析
その他のタイトル: Three-Dimensional P-Wave Velocity Structure of Kirishima Volcanoes Using Regional Seismic Events
著者: 山本, 圭吾
井田, 喜明
著者(別言語): YAMAMOTO, Keigo
IDA, Yoshiaki
発行日: 1995年3月31日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第69冊第4号, 1995.3.31, pp. 267-289
抄録: 霧島火山の下のマグマシステムを探査することを主たる目的として,3次元P波速度構造解析を行なった.用いた観測点は霧島火山観測所(KVO)が展開している定常観測点16点および臨時観測点2点の計18点である.1989年5月から1992年12月の間にこれらの観測点で観測されたやや遠地地震83個から1255個のP波初動データを読み取り解析に用いた.インバージョンの結果,霧島火山直下の火山列に沿った深さ約10kmのところに低速度異常域が決定された.この深さの標準的なP波速度を6.0km/sと仮定すると,この低速度異常は15%の速度減少に相当する.霧島火山で行なわれた電磁気探査では,火山直下やはり地下約10kmのところに低抵抗層が見つかっている.以上もふまえると上記の低速度異常はマグマの活動に関連したものであると考えられる.
The three-dimensional P-wave velocity structure of Kirishima volcanoes is determined mainly to understand the magmatic system beneath these volcanoes. 16 permanent and 2 temporal seismic stations operated by Kirishima Volcano Observatory(KVO) are used. 1255 P-wave arrival time data are obtained from 83 regional seismic events for the period from May, 1989 to December, 1992.
URI: http://hdl.handle.net/2261/13135
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0694006.pdf1.65 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください