UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/13151

タイトル: 神戸・阪神間における屈折法地震探査
その他のタイトル: Seismic Refraction Experiment in the Kobe-Hanshin Area
著者: 神戸・阪神間基盤構造研究グループ
著者(別言語): RESEARCH GROUP on UNDERGROUND STRUCTURE in the KOBE-HANSHIN AREA
キーワード: refraction experiment
Kobe-Hanshin area
Hyogo-ken Nanbu earthquake
発行日: 1998年3月6日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第72冊第1号, 1998.3.6, pp. 1-18
抄録: The Hyogo-ken Nanbu (Kobe) earthquake of January 17, 1995 caused the heaviest damage since the 1923 Great Kanto earthquake to cities in the Kobe-Hanshin area, which extends between the Rokko mountains and Osaka bay. The damage is noted not only by its severity, but also by its belt-like distribution away from the source faults. This specific distribution is attributed to the effects of the underground structure, therefore, we carried out a seismic refraction experiment there on December 12 and 14, 1995. This paper briefly outlines the experiment, and the results of detailed analyses will appear in a separate paper.
URI: http://hdl.handle.net/2261/13151
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0721001.pdf1.19 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください