UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/13152

タイトル: 南九州横断測線での電磁気構造探査(1) : 宮崎-水俣測線,日南-阿久根測線
その他のタイトル: Resistivity Survey Across the Southern Part of the Kyushu Island
著者: 宗包, 浩志
鍵山, 恒臣
歌田, 久司
神田, 径
増谷, 文雄
小山, 茂
網田, 和宏
大羽, 成征
三品, 正明
山本, 哲也
山崎, 明
加藤, 亘
梅田, 浩司
著者(別言語): Munekane, Hiroshi
Kagiyama, Tsuneomi
Utada, Hisashi
Kanda, Wataru
Masutani, Fumio
Koyama, Shigeru
Amita, Kazuhiro
Oba, Shigeyuki
Mishina, Masaaki
Yamamoto, Tetsuya
Yamazaki, Akira
Kato, Wataru
Umeda, Koji
キーワード: resistivity structure
southern Kyushu
Low Resistivity Layers
Kagoshima Graben
発行日: 1998年3月6日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第72冊第1号, 1998.3.6, pp. 19-65
抄録: In recent years resistivity surveys have been conducted in and around the Kirishima Volcanoes and a structural boundary was found between the northwestern and southeastern parts of them. The boundary is located at the northern extension of the eastern margin of the Kagoshima Graben. This suggests that the graben may play a critical role in magmatic activity in this area.
URI: http://hdl.handle.net/2261/13152
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0721002.pdf2.72 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください