UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/13155

タイトル: 淡路島北部における1995年兵庫県南部地震断層域の高密度人工地震探査
その他のタイトル: Precise Seismic Experiment with the Use of Controlled Sources in the Vicinity of a Fault Region of the 1995 Kobe Earthquake within the Awaji Island
著者: 爆破地震動研究グループ
著者(別言語): RESEARCH GROUP FOR EXPLOSION SEISMOLOGY
キーワード: Crust
Heterogeneity
Fault, Kobe Earthquake
発行日: 1998年3月20日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第72冊第2/4号, 1998.3.20, pp. 119-166
抄録: An intensive seismic experiment using controlled sources was conducted on December 14 and 15, 1995, in the northern part of the Awaji Island, Japan, to investigate detailed heterogeneous crustal structure in the vicinity of a fault region of the 1995 Kobe Earthquake. In the surveyed area, 145 temporal seismic observation systems were deployed with an average spacing of 200-250 m and seven explosive shots with 150-kg charge were detonated. The shots were performed on schedule, from which high-quality seismic data were successfully collected. This presents the outline of the experiment together with the travel-time and waveform data obtained.
URI: http://hdl.handle.net/2261/13155
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0722002.pdf2.28 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください