UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/13164

タイトル: On the Realtime Monitoring of the Long-period Seismic Wavefield
その他のタイトル: 長周期波動場のリアルタイムモニタリングについて
著者: Kawakatsu, Hitoshi
著者(別言語): 川勝, 均
発行日: 1999年3月29日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第73冊第3/4号, 1999.3.29, pp. 267-274
抄録: A possibility of monitoring the long-period seismic wavefield in realtime is suggested. The seismic wavefield below 0.1 Hz may be consistently modeled by the earthquake activity field defined by a point source moment tensor on lOkm-mesh grid points. With the current level of personal computers, it should be possible to perform moment tensor inversions for all the mesh points to find the best moment tensor every second. A sparse regional broadband seismometer network appears suffice to perform such realtime monitoring, which may eventually enable us to predict the short-period ground motions in realtime as well.
URI: http://hdl.handle.net/2261/13164
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0733001.pdf523.9 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください