UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/13165

タイトル: GPS連続データから推定されるフィリピン海プレート北端部におけるプレート間相互作用とテクトニクス
その他のタイトル: Interplate Coupling and Plate Tectonics at the Northern End of the Philippine Sea Plate Deduced from Continuous GPS Data
著者: 鷺谷, 威
著者(別言語): Sagiya, Takeshi
キーワード: GPS
interplate coupling
back-slip
tectonic loading
strain-partitioning
発行日: 1999年3月29日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第73冊第3/4号, 1999.3.29, pp. 275-290
抄録: Spatial distribution of interplate coupling in a subduction zone at the northern end of the Philippine Sea plate, the South Kanto region, is deduced by geodetic inversion of continuous GPS data. Interplate coupling is expressed by SAVAGE'S (1983) back-slip model. The back-slip is a virtual fault slip on the plate boundary representing a degree of interplate coupling. Daily coordinates at continuous GPS sites during the year 1997 are used to estimate horizontal crustal displacement rates, which are inverted into back-slip distribution on the plate boundary snrfarfi.
URI: http://hdl.handle.net/2261/13165
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0733002.pdf1.61 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください