UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/13167

タイトル: 断層運動に伴うガスハイドレート下面深度の変化に及ぼす潜熱の影響
その他のタイトル: Effect of the Latent Heat on the Gas- hydrate/Gas Phase Boundary Depth Due to the Faulting
著者: 木下, 正高
中野, 幸彦
後藤, 秀作
芦, 寿一郎
著者(別言語): Kinoshita, Masataka
Nakano, Yukihiko
Goto, Shusaku
Ashi, Juichiro
キーワード: gas hydrate
BSR
Nankai Trough
heat flow
latent heat
発行日: 1999年3月29日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第73冊第3/4号, 1999.3.29, pp. 305-317
抄録: BSRs, often observed at the Nankai accretionary complex, are considered to coincide with the base of the methane gas hydrate stability field (BGHS). The absence of BSR was discovered along the deep-tow multi-channel survey track, which can result because the insitu P-T condition is still in a transient state after fault activity. We conducted a two-dimensional numerical simulation of the thermal regime after faulting to simulate the time variation of BGHS depth. The latent heat due to formation/dissociation of gas hydrate has a significant effect on the thermal regime. The time constant for re-equilibration of the phase transition depth is ca 10 to several tens of years, which is longer by one order of magnitude for the case with latent heat considered than for the case with latent heat ignored.
URI: http://hdl.handle.net/2261/13167
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0733004.pdf1.25 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください