UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/13170

タイトル: 南九州横断測線での電磁気構造探査(2) : 西都-田浦測線及び補充観測
その他のタイトル: Resistivity Survey across the Southern Part of Kyushu Island (2) : Saito-Tanoura EW Profile and Complementary Observation
著者: 宗包, 浩志
鍵山, 恒臣
歌田, 久司
清水, 久芳
増谷, 文雄
根木, まろか
小河, 勉
市来, 雅啓
著者(別言語): Munekane, Hiroshi
Kagiyama, Tsuneomi
Utada, Hisashi
Shimizu, Hisayoshi
Masutani, Fumio
Neki, Maroka
Ogawa, Tsutomu
Ichiki, Masahiro
キーワード: Magnetotelluric survey
Kyushu Island
Shallow Low Resistivity Layer
Deep Low Resistivity Layer
発行日: 1999年10月29日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第74冊第1号, 1999.10.29, pp. 1-48
抄録: We conducted resistivity surveys in the southern half of Kyushu island using the MT (Magnetotelluric) method, some results of which were presented in the previous report. In this paper, the results of observations conducted between Saito city and Tanoura city, and those of complementary observations in the southern Kyushu, are analyzed. First, apparent resistivity and phase of VLF, ELF, and ULF frequency bands at each site were calculated from observed electric and magnetic fields. Resistivity structure at each site was estimated, assuming a horizontally-layered structure.
URI: http://hdl.handle.net/2261/13170
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0741001.pdf2.97 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください