UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/13171

タイトル: 千屋断層帯における人工地震観測
その他のタイトル: Seismic Refraction Observation at the Sen'ya, Fault Zone, Northern Honshu, Japan
著者: 岩崎, 貴哉
加藤, 亘
阿部, 信太郎
一ノ瀬, 洋一郎
海野, 徳仁
岡田, 知巳
越谷, 信
小菅, 正裕
坂, 守
佐藤, 比呂志
清水, 信之
武田, 哲也
津村, 紀子
野田, 賢
長谷川, 昭
平田, 直
渡邉, 和俊
井川, 猛
大口, 健志
著者(別言語): Iwasaki, Takaya
Kato, Wataru
Abe, Shintaro
Ichinose, Yoichiro
Umino, Norihito
Okada, Tomomi
Koshiya, Shin
Kosuga, Masahiro
Saka, Mamoru
Sato, Hiroshi
Shimizu, Nobuyuki
Takeda, Tetsuya
Tsumura, Noriko
Noda, Ken
Hasegawa, Akira |
キーワード: crust
structure
refraction
Senya fault
発行日: 1999年10月29日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第74冊第1号, 1999.10.29, pp. 49-62
抄録: In 1997, Akita Prefectural Government conducted a deep seismic reflection experiment to investigate an active fault zone developed along the eastern boundary of the Yokote Basin. We deployed additional thirty-six temporal seismic stations to record five dynamite shots for this experiment for the purpose of a refraction/wide-angle reflection crustal study. Our data provide important constraints on the velocity structure including lateral heterogeneity due to the fault system. This paper outlines our observations together with travel-times and record sections.
URI: http://hdl.handle.net/2261/13171
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0741002.pdf792.6 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください