UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/13172

タイトル: 東北日本弧横断人工地震探査 : 釜石-岩城測線
その他のタイトル: Seismic Refraction/Wide-Angle Experiment across the Northern Honshu Arc
著者: 爆破地震動研究グループ
著者(別言語): Research Group For Explosion Seismology
キーワード: refraction
crust
Northern Honshu
deformation
発行日: 1999年10月29日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第74冊第1号, 1999.10.29, pp. 63-122
抄録: An intensive wide-angle seismic experiment was carried out in the northern part of Honshu Island, Japan in October 1997. This experiment was carried out as an important component of a multi-diciplinary project aiming at elucidating the physical process of crustal evolution and deformation of the Northern Honshu Arc. We deployed 293 stations on an EW profile line of 150-km length to record 10 onshore and two offshore shots. Travel time curves obtained show a severe undulation in the western part of the profile, probably reflecting the crustal heterogeneity associated with the major fault systems developing on both sides of the backbone range. Rather clear later arrivals are recognized in the eastern part of the profile under the Kitakami Mountains.
URI: http://hdl.handle.net/2261/13172
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0741003.pdf4.49 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください