UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/13173

タイトル: 九州東部域における爆破地震動の観測 I : 庄内-串間測線
その他のタイトル: Explosion Seismic Observations in Eastern Kyushu, Japan, I : Shonai-Kushima Profile.
著者: 爆破地震動研究グループ
著者(別言語): Research Group For Explosion Seismology
キーワード: explosion seismic observations
Kyushu
発行日: 1999年10月29日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第74冊第1号, 1999.10.29, pp. 123-140
抄録: A seismic refraction survey was conducted along a profile from Shonai, Oita Prefecture to Kushima, Miyazaki Prefecture in Kyushu on December 8, 1994. The total length of this Shonai-Kushima Profile was about 195km, and three shots of 500kg each were detonated at both ends and middle of the profile. A total of 195 temporary observation points equipped with analog or digital recorders were arranged on the profile. Recorded seismic signals suffered from high attenuation, and signals traveling more than 100km were very poor. Very clear later arrivals, presumably reflected waves from deeper part of the crust, are recognized in the record sections.
URI: http://hdl.handle.net/2261/13173
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0741004.pdf1.38 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください