UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/13176

タイトル: ASOBOI 97: Aso Seismic Observation with Broadband Instruments in 1997
その他のタイトル: ASOBO197 : 阿蘇山における広帯域地震観測 1997
著者: Yamamoto, Mare
Kawakatsu, Hitoshi
Kaneshima, Satoshi
Iidaka, Takashi
Oikawa, Jun
Watada, Shingo
Morita, Yuichi
Mori, Takehiko
Tsutsui, Tomoki
Sudo, Yasuaki
Yoshikawa, Makoto
Hashimoto, Takeshi
Nakabo, Makoto
著者(別言語): 山本, 希
川勝, 均
金嶋, 聰
飯高, 隆
及川, 純
綿田, 辰吾
森田, 裕一
森, 健彦
筒井, 智樹
須藤, 靖明
吉川, 慎
橋本, 武志
中坊, 真
キーワード: broadband seismometer
volcanic tremor
crack
Aso
発行日: 2000年3月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第74冊第3/4号, 2000.3.30, pp. 267-285
抄録: In August 1997, we deployed a total of 24 broadband three-component velocity seismometers temporarily around Aso volcano in Kyushu, Japan. Most of these stations were located within 1 km of the first crater of Naka-dake and provided good azimuthal coverage to constrain the geometry of the source region of long-period (15s) tremors (LPTs). The spatial pattern of the observed LPTs amplitude reveals that the source of LPTs consists of an isotropic expansion (contraction) and an inflation (deflation) of an inclined tensile crack almost parallel to the chain of craters of Naka-dake (Yamamoto et al, 1999). This report summarizes details of the observations, as well as some of the characteristics of the observed data from the ASOBOI 97 expedition.
URI: http://hdl.handle.net/2261/13176
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0743001.pdf1.63 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください