UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/13183

タイトル: Observations of Postseismic Crustal Deformation Following the 1999 Chi-Chi, Taiwan Earthquake Using a Dense GPS Array
その他のタイトル: 1999年台湾集集地震の余効性地殻変動の稠密GPS観測
著者: Nakao, Shigeru
Liu, Chi-Ching
Hirata, Yasuhiro
Yu, Shu-Beih
Hirata, Naoshi
著者(別言語): 中尾, 茂
劉, 啓清
平田, 安廣
余, 水倍
平田, 直
キーワード: Postseismic deformation
single-frequency GPS receiver
linear array
the 1999 Chi-chi
Taiwan earthquake
発行日: 2000年9月22日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第75冊第1号, 2000.9.22, pp. 47-56
抄録: To observe the postseismic deformation following the 1999 Chi-chi, Taiwan Earthquake, ten GPS receivers were deployed to form a linear array. Two are dual frequency and the others are newly developed single-frequency GPS receivers. Bernese GPS Software Ver. 4.0 was used for the data analysis with an IGS precise ephemeris. We analysed three weeks of data. The preliminary results indicate that the GPS site on the foot wall of the earthquake seems to be stable after the earthquake during this short period. The daily scatter at the single-frequency GPS site is larger than expected, probably because the initial coordinates were not precise enough.
1999年台湾集集地震の余効性地殻変動を観測するために10台のGPS受信機を地表断層に直交するよう直線上に設置した. 10台のうち2台は2周波受信機で, 8台は地震研究所で開発された1周波受信機である. 3週間のデータをBernese GPSソフトウェアーVer4.0を用いて予備的解析を行なった.衛星暦はIGS精密暦を使用した. 3週間のデータ予備的解析では断層の下盤にある観測点において余効変動は観測されなかった.また, 1周波受信機の予備的解析では短期再現性が悪く,その原因を明らかにするためにさらなる解析が必要である.
URI: http://hdl.handle.net/2261/13183
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0751004.pdf1.03 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください