UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/13186

タイトル: Strain Rate Distribution in Taiwan before the 1999 Chi-Chi, Taiwan Earthquake Derived from GPS Observations
その他のタイトル: 1999年台湾集集地震発生前のGPS観測から得られた台湾のひずみ速度分布
著者: Kato, Teruyuki
El-fiky, Gamal S.
著者(別言語): 加藤, 照之
エルフィキ, ガマルS
キーワード: Chi-Chi earthquake
Taiwan
Least Squares Prediction
Strain
GPS
発行日: 2000年9月22日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第75冊第1号, 2000.9.22, pp. 93-104
抄録: In order to investigate strain distribution in Taiwan before the 1999 Chi-Chi, Taiwan earthquake, displacement rate vectors estimated by GPS observations in Taiwan were used to derive the principal components of strains. Five years of data for the period from 1990 to 1995 published by Yu et al. (1997) were used for this purpose. We employed the Least Squares Prediction technique for the strain analysis. The results suggest that Taiwan might be categorized into four regions of different tectonic backgrounds in terms of strain distributions. I) Central to south of eastern coastal range, where arc-continent collision is predominant and seismicity is very high. II) The southwestern part of the island where strain and seismicity due to subduction of the Eurasia plate is large. III) Northeastern corner of the island where effects from the backarc rifting of the Okinawa trough is eminent and positive dilatation is predominant. And, IV) the Northwestern corner where strain rate is comparatively low. The Chi-Chi earthquake occurred at the central west of the island where these four regions merge.
1999年台湾集集地震がどのようなひずみ場の中で発生したかを調べるため,この地震が発生する前にGPS観測によって取得されていた変位速度データを解析した.データは,Yu et al. (1997)によって発表された, 1990年から1995年にかけて台湾内でほぼ毎年繰り返されたGPS観測による観測点の変位速度リストを用いた.このデータに我々が開発してきた最小二乗予測法を適用し,空間的になめらかな変位場を得た後,面積ひずみ,最大ずりひずみ及びひずみの主軸の,それぞれ5年間の平均的なひずみ速度を求めて図化した.その結果,台湾島内がひずみ速度分布から見て以下の4つの地域に分けられることが見て取れた; I)東部沿岸地域の中央から南部にかけてのひずみ速度が非常に大きい地域, II)台湾南西部の,ユーラシアプレートの沈み込みによる影響と見られるひずみ速度の大きな地域, III)台湾北東部の伸張ひずみが卓越する地域,及びIV)台湾北西部のひずみ速度が比較的小さい地域.集集地震はこれら4つの領域のちょうど交わる台湾中西部で発生した.
URI: http://hdl.handle.net/2261/13186
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0751007.pdf1.17 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください