UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/13190

タイトル: GPSアレイを利用した列島の応力増分分布や地域の構成則の推定について
その他のタイトル: Prediciton of Regional Stress Increment and Constitutive Relations Using GPS Array Data
著者: 堀, 宗朗
著者(別言語): Hori, Muneo
キーワード: GPS network
inversion
stress distribution
constitutive relations
numerical computation
発行日: 2000年12月22日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第75冊第2号, 2000.12.22, pp. 159-169
抄録: A new inversion method of identifying stress is applied to the Japanese Islands to estimate regional stress distribution. This method finds a stress distribution from a strain distribution, by solving boundary value problems. Numerical simulation and model experiment verify the validity of the method. The deformation increment of Japan is measured by a global positioning system (GPS) network. We carry out the numerical computation of estimating regional stress increment distribution for the Japanese Islands, and obtain a self-equilibrating stress increment field. The regional constitutive relations are then estimated from the relation between the computed stress increment and the measured strain increment. Some discussions are made on the usefulness and limitation of the present inversion method.
URI: http://hdl.handle.net/2261/13190
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0752004.pdf1.28 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください