UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/13191

タイトル: 等価介在物法を用いた逆解析手法による地盤材料の応力分布の取得 : 地震動の高精度予測にむけて
その他のタイトル: The Inverse Analysis Method Based on Equivalent Inclusion Method to Obtain Stress Field of Geomaterial
著者: 亀田, 敏弘
著者(別言語): Kameda, Toshihiro
キーワード: inverse analysis
equivalent inclusion method
constitutive relationship
geomaterial
numerical simulation
発行日: 2000年12月22日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第75冊第2号, 2000.12.22, pp. 171-181
抄録: An inverse analysis scheme based on an equivalent inclusion method, which makes it possible to obtain a stress field from a displacement field and boundary conditions even if a constitutive relationship is unknown, was developed. To apply this scheme to actual material, an experiment using Toyoura sand was performed. A displacement field of the specimen was measured by means of a digitized image of the specimen, which was obtained using the image analysis method that can measure the field without contact.
URI: http://hdl.handle.net/2261/13191
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0752005.pdf750.44 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください