UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/13192

タイトル: 基盤の逆断層変位に伴う表層地盤の変形メカニズムについて : 模型実験と修正個別要素法
その他のタイトル: Deformation Mechanism in Subsurface Ground Induced by Reverse Dip-Slip Faults : Model Tests and Modified Distinct Element Method
著者: 鬼塚, 信弘
著者(別言語): Onizuka, Nobuhiro
キーワード: reverse fault
model test
MDEM simulation
deformation of grounds
bedrock stress
発行日: 2000年12月22日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第75冊第2号, 2000.12.22, pp. 183-195
抄録: A structural design method, which takes into consideration the influence of earthquake faults on the ground, has not yet been established. This is true, especially, when designing linear structures, such as roads, tunnels, and bridges. The purpose of this paper is to examine deformation of model ground, shear zones, and bedrock stress, and to carry out a MDEM simulation and obtain the boundary condition from the results. This paper presents the results of a series of laboratory model tests, in which the effects of reverse dip-slip faults in the bedrock use granular materials set on the subsurface ground. The results suggest the significance of considering the deformation and stress of the ground in designing linear structures.
URI: http://hdl.handle.net/2261/13192
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0752006.pdf1.26 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください