UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/13199

タイトル: スタッガード・グリッドを用いた3次元不均質球内電磁誘導問題の有限差分解法 : BiCGSTAB化と多周波求解
その他のタイトル: Electromagnetic Induction in Fully Heterogeneous Spheres Using the Staggered Grid Finite Difference Method
著者: 藤, 浩明
Schultz, Adam
上嶋, 誠
著者(別言語): Toh, Hiroaki
Schultz, Adam
Uyeshima, Makoto
キーワード: Electromagnetic induction
electrical conductivity
matrix inversion
BiCGSTAB
発行日: 2001年3月29日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第75冊第3/4号, 2001.3.29, pp. 429-446
抄録: Electromagnetic induction in three-dimensional spheres can now be solved by finite difference methods using staggered grids. Using well-defined staggered grids has an obvious advantage over normal finite difference schemes in the sense that the staggered grids give an ideal representation of divergent and/or rotational differential relations.
URI: http://hdl.handle.net/2261/13199
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0753006.pdf1.37 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください